2006年03月11日

分野が先か仕事が先か

某F社見学会。川崎とYRPの2カ所を見たが、すごい待遇が良かった!!

交通費はもらえるわ、お弁当はもらえるわ、お茶は2本もらえるわ、
川崎からYRPまでバス(しかも10人程度なのに大型チャーター)で
さらにYRPから大学までもバスで送ってくれるというすごいVIP待遇。

良い企業だー・・・といかんいかん!そんな餌に簡単に釣られてどうする。
企業の本質を見なければ。待遇の良さにはむしろ警鐘を鳴らす位でないと。


仕事内容自体は、まぁ企業の研究職はどこも同じようなもんだーな感じ。
その中でもビジネスありきな考え方がかなり強い印象。今まで考えていた
研究職は5年先10年先を見据えた要素技術の開発というイメージも
ビジネスの観点から否定気味で、長くても3年で結果を出すと言った感じ。
その点は、改善して欲しい部分だと研究者の方も思ってるみたいだけど。

先日に書いた、研究から事業に行ったりといった連携は上手く働いてそう。
むしろ手がけるプロジェクトに大して全体を把握するのを推奨していて、
研究の人は事業にはあまり関われないという考えを否定している点では
某大手メーカーM社より魅力的に見える。あそこは変にきっちりしすぎ(?)

ただ少しひっかかるのは、研究所なら、部署配属を最初に決めることかな。
普通に考えればこれはどちらかと言えばむしろ喜ばしいことなんだろうけど
それはやりたい分野が決まってて、その上で仕事を決めたいと言う場合の話。
普通は、例えば大学時代に研究してたから、単純にその分野が好きだから、
といった理由で、まず分野を希望し、その中で設計か開発か研究かなどを
絞り込むのが学生に一番多い考え方だと先生もいう。オレはこの点で特殊な
考え方を持っているタイプらしく(と言っても周りには多い気はするけど)
まずどんな仕事に就きたいか、自分がどんなことをやるのかが最優先になる。
やりたい分野というのはその次。極端に言えば今大学で研究している分野と
全く関係ないことをやるのも有りだと思っている(無関係の程度にもよるが)

もちろん先に決めろと言われればやはり「通信」を選ぶつもりではあるし、
即戦力が求められるのなら、やったことの無い分野では厳しいとも思うが、
先にそれを選ばせてあげるというのは別段オレにとっては嬉しい話では無く
今回の企業のように、先にそこに行くと言う「約束」を交わしてから内定、
という流れは少し息苦しい。(まぁ研究所の話だから研究職か開発職には
決まってる上なのでそれほど問題視するところでは無いのかもしれないが)

とまぁ、無理にと言う訳では無いが、アメに騙されないぞという意気込みで
少し就職の上でのマイナス点も探して、ついでに少々自己分析もしてみた。
posted by まさ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

今日の出来事

先日の某J社の1次選考になっているSPIは合格通知が届いたのだが、
それに「2次選考会を以下の日程から選んで予約して下さい」って
書いてあって、見てみたら既に全部「満席」で予約できなかった。
これはあれか。1次選考落ちというのをやんわり伝えて来たのか。
と思ったらまたメールが来て、追加予約分のお知らせって書いてあって、
開いてみたら追加予約分も全部「満席」でやっぱり予約できなかった。
これはあれか。新手の嫌がらせか。っていうか合格者どれだけいんだ。
むしろ、1次で落ちたやつってどれくらいなんだ。オレがそうなのか。

某D社、エントリーシート提出完了。あまりにも曖昧な問題に苦悩。
どうせエントリーシートで落とされることは無いだろうと思いつつも
なんだかんだでビビりまくって何時間も費やして推敲を重ねた。
これで落とされたらオレはこの業界向いてない。就職にも向いてない。

2日間のオープンラボが終了。1日目に15人くらい来たので
資料を2日目にも10部くらい用意したのに2人しかこなかった。
posted by まさ at 04:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

偏差値を気にしすぎるこの世の中で

今までやってきた就職活動で主に見てきたそれぞれの企業の情報は
まず仕事、職場、給金・福利厚生、研修といった基本的なことと
技術職・開発職・事業職の関わり方や立場、配属と異動について、
更には実際に企業を訪問して話を聞いてのイメージなどと言った
あくまで表立った情報ばっかりだったということに気がついた。

それだけではやはり足りないのではないか。
そう、いわゆる裏情報は、なんだかんだで必要なのではないか。
優良企業を探すのはもちろん重要だが、悪徳企業を交わすという
視点も持ち合わせておいた方が良いのではないかと思った。

きっかけは、marieちゃんから聞いた「ヤクザ研修」という単語。
某S社がそれについて、とあるニュースサイトで猛烈に批判され、
色々と調べてみると、そのせいかどうかは分からないが、
確かに大手有名企業にも関わらず、どこでも評価は悪かった。

こういう情報もやっぱり集めておくに越したことは無い気はするが、
信憑性の判断がつきにくく、情報に踊らされることにもなりかねない。
どうしたらいいんだろう?あくまで正攻法で選ぶべきなんだろうか。

嘘を嘘と見抜ける人でないと使えないあの場所を
嘘を嘘と見抜けないオレが使うリスクはどれほどなのか。

とりあえず、有名な企業偏差値ってのを一通り眺めてみた。
うーん、そこそこの信憑性を感じるが・・・どうなんだ?

と思ったが、希望している企業は大体優良だったのでどうでもよくなった。

オマケ:10000hit突破記念コーナー
posted by まさ at 04:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

事業?研究?

今日も今日とて企業見学。某K社@ふじみ野(埼玉)


・・・遠いよっ!!

往復の交通費だけで2000円近く飛んだよ!5食分だよ!
でも、実際につとめるなら東京から遠すぎもせず
それでいてゴミゴミしていないあの辺が良いのかも。
実際に住んでみないと良きも悪きもわからないが、
住めば都さ。でも八王子の方が都会なのは間違いない!

でまぁ肝心の企業の方はというと、研究所なんだけど、
以前に同企業の別研究所を見学したときより何故か好印象。
うーん、綺麗さとデモ・プレゼンの印象って大事だなぁ。
でもこれって、見た目にだまされてて仕事の本質の部分で
きちんと企業を測ってないということになるんだろうか。
でも就活のモチベーションってそういうのでも上下するし。

結局オレは本当は研究よりは事業的なことがやりたいんだろうと
自分の中で結論づけられそうな感じになっているのだが、
それだと院まで来た意味も無いし、やっぱり技術者にもなりたい。
それに事業的な仕事に惹かれるっていうのは当たり前の話で、
結局「あったらいいな」を考えるのはやっぱり事業所だから
単にそういう仕事が楽しそうに見えるっていう、よくある浅慮な
学生の考え方な気もするし、事実、事業的な仕事の方が人気あるし、
それならやっぱり技術者としてのプライドを持てる仕事をしたい。

仮に、やっぱりどうしても事業的な仕事がしたい!となるとしても、
最初はやっぱり技術者として、勉強も兼ねて仕事をしていくべきか。
今日聞いた中に以下のような話があって、妙に説得力を感じた。
事業所に行くにしても、まずは研究所で実力をつけておいた方が良い。
実力を持っていて、技術的なことがわかる人間が事業でも求められる。

いずれ、事業にも手をつけられればオレはそれで良いと思うし、
働く中でやっぱり事業は興味無いってなったらそれはそれで構わない。
まずは実力をつけること、それについては全く異存無い。
その点については自分の希望がどれだけできるかとかには関わらず
やっぱり技術職の方が数段価値もあると思うし、プライドも持てる。

そういう観点でもう一回今まで見てきた企業を思い返してみたり、
今後見学に行く企業を見てみよう。どう結論づくかは分からないが、
商品だ、ユーザーの観点だというのに固執するのはとりあえずやめだ。


・・・やりたいこと探すってのは本当に難しい。悩みすぎて禿げそう。はぁ。
posted by まさ at 03:46| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

S・P・I!S・P・I!

この前まで「SPIってなに?PSPの後続機?」ってレベルだったが
このたび、はじめてSPIってものを受けてみた。美容院行くついでに。

要は一般常識問題なんだろ。オレ常識人だし、楽勝じゃん。と
高をくくっていたんだが、正直に言おう、かなり舐めてた。
わからない。ビックリするほど分からない。語彙の問題が。

「○○すること」と同意の単語を選択肢から選べという問題で、
選択肢には同じような意味の単語がずらっと並んでいる。
つまり言葉のニュアンスが分かる程度では全くダメなのだ。
単語の正しい意味をきちんと理解していないと分からない。

これは明らかに常識の範疇を超えている。これを軽々答えられる人は
KINGの日記からインスパイヤするならば「我が輩は辞書である」と、
・・・なんか別のも混ざった感じになったが、要はこんな人であろう。

つまりこれは、その人の常識を測るためではなく、
その人がどれほどSPIのために勉強しているかを測るものでは
無いだろうかと思った。これ専用の勉強をしなければ解けない。

とはいえ、数学なんかは家庭教師時代に中学生に教えていた感じの
問題ばかりで、それはそれであれだったが、時間が少なかったので
意外と焦らされた問題がなきにしもあらずだったというのは秘密だ。
posted by まさ at 01:17| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。