2005年04月14日

THE CIRCLE

遅れたが、B'zの最新アルバムTHE CIRCLEのレビューを。

まず全体的な感想としては、結構マニアックな仕上がりに
なってるんじゃないかなと思う。全体のイメージとして
中東・東南アジア系のスピリチュアルロックの色が強いし
マイナーキーで重く深い印象を持たせてる曲が多い気がする。
そのためかBIG MACHINEのような聞き易さこそ無いものの、
聞きごたえがどっしりと出て、結果として非常によく聞く
アルバムになった。B'zではSurvive以来の超ヘヴィローテ。

あと、シェーンは少し手加減するべき。今回のアルバムの
曲は一曲として叩ける気がしない。今までのも微妙だけど。
そこのキック、ダブルで入れる必要ないじゃん!みたいな。

それでは曲ごとの感想を少しずつ。
なお、曲名の後ろのカッコ内のはiPodにおけるマイレート。

1 THE CIRCLE(・・・・・)
前作BIG MACHINEをはじめ、RUNやBrotherhood等アルバムの
名を冠した曲は大体がそのアルバムの代表曲になっているが、
今回はRISKYやFRIENDSのようにIntroとして使われている。
アルバムの雰囲気を一曲に凝縮したイメージ。スピリチュアル。
そういう意味では、タイトルにふさわしい曲になってるかな。

2 X(★★・・・)
B'zのクオリティが下がってなくって良かったー!って思った曲。
カッコいいと思う。まぁ、これもスピリチュアルロックの印象が
あるので、パッと聞き今までのB'zとは違う新しい感じだ!って
思ったけど、よくよく聞くとやっぱりB'zらしいなーって思う。
カラオケで「エックス!」って言うときに、両手を頭の上で
交差して、飛んでやろうと思ってるのはオレだけではあるまい。

3 パルス(・・・・・)
せわしい曲だ。ドラムを聞く癖がついてるからか、特にそう思う曲。
愛のプリズナーとか儚いダイヤモンドと同じ系列のイメージだなぁ。
ハードロック系でB'zがやるからカッコいいけど、曲自体にそれほど
惹かれるってわけじゃないような。まぁ、どっくんどっくんとか、
そういう言葉遊びじみた歌詞は好き。それで韻とか踏んでたら最高。

4 愛のバクダン(★★・・・)
この爽快さに惹かれるなー。BANZAI以降こういう曲が好きになった。
まぁ、単純なコード進行の分、やっぱ実力差が出るよなーと感じる。
覚えやすいし、口ずさんじゃうし、シングル向きの曲だと思う。
曲としての完成度が高いのかな。でもアルバムの中では浮いてる気も。

5 Fly The Flag(★★★・・)
ツボだった!こういうの大好き!落ち着いた、歩くようなテンポで、
ロックのカッコよさとポップスの聞きやすさと持ち合わせた感じが
たまらない。メロディーラインとコード進行が普通にカッコいい。
Bメロでミュートの16ビートになるのもやられた。シンコペーションの
活かし方にもやられた。サビ入りでFly The Flag!って叫ぶのにも
やられた。Zig Zag Zig Zagにもやられた。とにかくやられた。
とりあえず、今回のアルバムの中では唯一の大当たりといったところ。
「ぶっこわれそうでもやぶれてしまいそうでも」の部分で鳥肌たった。
あと、何回か聞いてじゃなくて、最初の一聞きで惚れたのも久々だ。

6 アクアブルー(★・・・・)
入りのイメージはTHE CIRCLEにあってるけど、サビのイメージは
アルバムで言うならGREENっぽいな。なんか、爽やかな気がする。
タイトルもそんな印象だしね。入りのしっとりした部分が単発では
あんまり好きじゃないけど、曲全体としてやっぱりあった方が良い。

7 睡蓮(・・・・・)
バラードらしいバラードはこの一曲だけ。でもあまり目立ってない。
ありがちって言えばありがちだし、グッと来る何かも特にないし、
まぁ正直このアルバムの中では低評価。でもアルバムに入ってないと
バランスが取れないんだよなー。もう少しマイナー調だったら
良かったんだけどなー。サビで同じメロディ繰り返すバラードは
良い曲になるの難しいな。でもギターソロはかなりイケてる!!

8 Sanctuary(★★・・・)
この曲はかなり良いと思う。割とTMGを彷彿とさせるイメージかな。
稲葉さんよりEric Martinが歌った方がしっくり来るかもしれない。
AメロからBメロ、サビへの展開の仕方がドラマ仕立てな感じで好み。
純粋なカッコよさだけを求めるならアルバムの中では1番だと思うし。
なんとなくNirvanaを思い出したのは単にHelloを連呼してるからか。

9 Fever(★・・・・)
シングルのセカンドからアルバムに入ったというB'zには珍しい曲だけど
曲の雰囲気はしっくり来てる。アルバムに馴染んでるという意味では、
愛のバクダンよりよっぽどこっちの方が上かな。良くあってると思う。
リズムに揺さぶられるのが気持ちいいね。ここまでくっきり叩かれると
嫌でもリズムに乗ってしまう。叩いてみて思ったけど意外と速いんだな。
メロディがもう少しグッと来る感じだったら★2コつけたんだけどなぁ。
でも、そうなるとFly The Flagと被るからダメか。このままで良いか。

10 白い火花(・・・・・)
まぁ、悪くは無いと思う。でもあんまりサビが好きじゃないかなー。
単純すぎる気がする。愛のバクダンみたいな良い意味での単純さでなく
聞いていて心揺さぶられないというか、退屈だとまでは言わないけど。
高校時代に聞いてたら多分かなり気に入ってたはず。好みは移りゆく。
でも、ベースがカッコいいんだよなー。特にベースソロはアルバム内で
一番カッコ良いんじゃないかなー。ギターソロもかなり良い感じ!!

11 イカロス(・・・・・)
途中までは実に普通の曲なのに、サビでひっくり返された曲。
そこで、そんな展開のさせかたさせるんだ!みたいな。
そういう意味で目新しさがあったけど、良い曲!だって風には
ひっくり返らなかったか。結構好きだけどね、こういうのも。
「あーあぁん」は有り。カラオケでこれだけ言ってたい(笑)
最後のサビ繰り返しで「とんでみせろ」に戻るとこはかなりカッコいい。

12 BLACK AND WHITE(・・・・・)
これもTMG向けの曲だな。っていうか単純に似てるってのもあるかも。
こういうねっとりした系はハマればすごい好きになるんだけど、
滅多に無いんだよなぁ。この曲は何度か繰り返し聞いてるうちに
そこそこ好きになったけど、やっぱり第一印象でガツンって感じじゃ
無かったし。ソロまでねっとりしてたのはちょっと面白かったけど。

13 Brighter Day(・・・・・)
久々の全詞英語詞。DEVIL以来か。まぁ、曲自体はいたって普通。
良くも無く、悪くも無く。もう少しアクセントになる部分があればなぁ。
サビの広がり方は結構好みの感じだし、メロディも綺麗に仕上げてるし
曲自体は良い曲なんだけど、それだけで印象に残らないという感じか。
それにしても訳詞が教科書みたいな訳し方だ。英語に忠実というか。
Real Thing Shakesのハチャメチャっぷりが無いのはある意味残念。

ってなわけで合計★11コもついたし、なんだかんだでかなりトップレベル。
聞けば聞くほど味が出る。まさにそんな作品かな。とっつきにくいから、
ファン以外はあまり好きにならなそう。マニアックって言ったのはそこ。
もしこのレビュー読んで聞きたくなった人がいてくれたら、本望です。
そのときは、是非とも1度ならず2度3度繰り返し聞いていただきたい。

ちなみにオレのiPodではFly The Flagの再生回数が20を越えてしまった。
2000曲以上入っている中で再生回数2位。10日間での回数は文句なし1位。

そして、このレビューを書いていたらいつの間にかこんな時間。あぁぁ。
posted by まさ at 04:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2948758

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。