2006年01月03日

壊れかけのオリエンタルラジオ

年末年始とお笑い番組が多くて、お笑い好きのオレとしては非常に
幸せだったのだが、最近のお笑いは、面白い漫才をいくつもやるより
ひとつの持ちネタをヒットさせたもの勝ちという流れがある気がする。
もちろん昔からそういう人はままいるが、最近特に多いと思うのだ。
まぁピン芸人はある程度仕方ないにせよ(ほとんどすぐ消えて行くし)、
テツandトモ、いつもここから、レギュラーなどコンビにもヒットした
その持ちネタしか知らないという傾向は確実に広まってきている。

特に最近気になるのは、武勇伝でお馴染みのオリエンタルラジオ。
年末年始などどの番組をつけても「ぶゆうでんでんでんででん♪」が
耳に入ってくるほどで、この数ヶ月で急激に売れてきた人達だが、
これほどの露出では世の中に飽きられる日もそう遠くないと思う。
もちろんネタは面白いし、好きか嫌いかで言えば俄然好きなのだが、
世の中のヒットするお笑いがこういう傾向に陥って、若手芸人が皆
ヒットする持ちネタを作って一発あてようなどと思い始めたら、
それは嫌なのだ。お笑いが好きだが飽きるのも早いオレとしては、
やっぱりスタンダードな漫才が一番面白い。あくまで話で笑わせる
その上で、例えば笑い飯のような独特の型を持つ分には構わない。
いずれにせよ、1芸だけでヒットしてそのまま儚く消えていく、
そういう芸人ばかりが台頭するようにはならないで欲しいと思う。

ちなみにタイトルと内容は関係あるようで全くない。言ってみたかっただけ。


posted by まさ at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。