2006年02月27日

猫分満タン

実家はゆっくりと時間が流れている感じなので
たまに来るとなかなか気分的な静養がとれて良い感じ。
まぁ、ここんとこ特にドタバタしてたしなぁ。
まだ何にも終わってないし、むしろこれからだけど。

まぁ、ゆっくり感じるのは猫と戯れてるせいだけど。
あと、筋肉痛で動けないってのもある。まいったね。


とまぁ、それはともかく、リクルートスーツ、革靴、コートなんかを揃え、
いよいよ3月くらいから本格化していくであろう就職活動にもスタンバイ。
さぁ、どっからでもかかってこい。あ、こっちから行くのか。行くぞー。
posted by まさ at 00:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

作者急病(以下略

連載再開したかと思えばやっぱり休載の続いている
ジャンプの某マンガのような状態になってしまった。

今週を乗り切ればそこそこ落ち着くはずなので、
来週からこそ、ちょっとずつ書き記していきたい。

この1週間だけでも5社の企業の人のお話を聞いたり、
企業見学をしたり、3つの授業のレポートを書いたり、
そりゃもう大変ではあるんだけれども、まぁ、これくらいに
スケジュールが詰まってる方が、精神的に安定していて良い。

最近、将来のことを考えるのがちょっと好きだ。
企業説明会に行ってガッカリしたりするのも面白い。
色々とスケジュール調節するのも楽しんでやってる。
何かしなくちゃ〜!って気持ちばっかり焦ってた頃に比べて、
あくせく動き回るようになって、精神的に安定するようになった。

え、研究の進み具合? あああ、また精神が不安定に・・・
posted by まさ at 00:24| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

連載再開

レポート、いっぱいいっぱいながらもなんとか全部提出。学部生みたい。
〆切ギリギリまで溜める癖の治癒は人類の永遠のテーマだと思う。

でもね、授業の期末レポートだってそう簡単に終わらせられるもの
ばかりでもない訳で。研究と関係ないやつとか勘弁して欲しい訳で。
論文読んで要約みたいな宿題とかね、それ自体は別に良いんだけどね、
読めって指定された論文が手に入んねーの。2005年以降出版のIEEEの
自分の研究と関係ない分野の論文とかね、読めとか言われてもね、
どっから入手すんだって話。論文読ませる前にお前が空気を読んでくれと。

それでも入手したよ。探せども探せども見つからないから先生に頼んだよ。
うちの先生はそういう授業関連にも気を使ってくれるから入手できたけど、
これね、別の、先生が研究以外のことなんか面倒見られるかーって感じの
研究室だったら、論文が手に入りませんでしたで終わってもおかしくないし。

でもね、その授業、オレひょっとしたら出席足りてないかもしれない。
そういえば結構出てない。いやまぁ、これは完全にオレ自身のせいだけど。
でも、そのレポートも論文要約だけじゃなくて、それ以外にも数問あって、
それも全部やって、ここまでやって単位でなかったら、ちょっと泣くかも。

で、問題はそれが単位認められたとして、他のも全部レポート通ったとして、
そんでもってまだ4単位足りてないっていうこの事実。前期サボりすぎた。
たった4単位、されど4単位。論文誌、就活、修論、こんな充実の約束された
1年間に、加えて授業とか、結構お腹いっぱいだから、もう食べれないよね。
フルコース予約してんのに、ちょっと吉野家寄って並食ってきちゃったみたいな。
フルコース途中でギブみたいな。内定出たけど卒業できなかったーみたいな。

みたいな。
posted by まさ at 02:12| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

次号から作者取材のため休載

特に就活に関して書きたいことは色々あるんだけど、
いかんせん企業見学・説明会が授業レポートの提出時期に
重なって、その上、いい加減進んでない研究もやばいので
しばらくお休み。せめてレポートが片付いたら帰ってくる。
posted by まさ at 00:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

「こういう展開でこそ オレは燃える奴だったはずだ」

色々就活について考えたところで
研究が進まなければ詮も無いので
最近足踏みし続けている研究を進めようと
emacsでプログラムのソース3つくらい開いたら
急激な眠気に襲われた上に突然emacsが落ちて、
もういろんな意味でビックリ。Macとシンクロ

あまり使わないから気がつかなかったのだが、
どうもwmpとの相性が悪いらしい。Macだから?

ちなみにwmpが起きてたのは某所で見つけた
バスケの試合の劇的動画を見て消し忘れてたから。

残り40秒で8点のビハインドを背負いながらも怒濤の快進撃で
ラスト2秒で1点勝ち越すというスラムダンクの山王戦を彷彿とさせる
劇的な試合となっている。最後の3Pは寒気がしたほど。(演出あるけど)
動画では省略されているが、その間に相手も4得点しているので、
実際はおよそ35秒で13得点をあげている。しかも1人で。


動画はこちら(注意:動画への直リンです)


バスケはあまり好きじゃないけど、これは本当にすごいと思った。
ちなみにバスケマンガは好き。スラダンとか、最近だとアヒルの空とか。
posted by まさ at 17:38| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

研究職と開発職

東京ビッグサイトで開催されたリクナビLIVEという就活イベントに参加した。

事前予約をしなかったのでセミナーが聴けるか心配だったのだが、
意外と当日券が結構余っていて、どのセミナーも選び放題であった。

理系のためのセミナーを聞いて、研究職と開発職について考えさせられた。
よく言っていたが、オレは研究職と開発職の違いがよく分かっていない。

一般に言われるのは、研究職というのは開発のための技術を開発するもので
開発職というのはその技術を用いて、そこから商品等を形にするというもの。
イメージ的には研究職は、現在の研究室でやっていることとそう遠くない
ことをやる感じ。開発職はもっとモノ自体に触れ、モノを作るイメージがある。

だが、いくつかのメーカー企業のブースで話を聞いて回ってみると、
研究職と開発職に明確な区分は設けていないという回答が多かった。
いわゆる"R&D(Research and Development)"として一括りにしているという
ことなのであろうが、そこには、例えば企業としては開発がメインであり、
研究分野はあまりやっていないが、全くやらないわけでもない、だから、
研究職は開発職に含まれるという意味で区別していない、という回答もあり、
一般のイメージではなく、企業毎の特色を理解しておいた方が良さそうだ。

だがそれが明確になったところで、自分の意志と向き合わなければ意味が無い。
今まで考えていたのは、今みたいな研究をずっと続けるのは無理で嫌だから、
という実に短絡的で浅慮な理由でなんとなく開発職が良いなぁと思っていた。

そうやってマイナスの考え方から消去法で選んだ仕事が自分にとっての
適職たりえるかと言われれば、そんなの誰がどう考えたってそんな訳無いのだ。
よく言われることをなぞるのは好きではないが、自分の意志がそこに無ければ
どれだけお金を稼いだって虚しいだけだということには大いに同意できる。

楽してお金がもらえることは決して幸せなことではない。充実が欲しい。

そもそもそういうことを考えて、色々な経験を積もうと思ったのではないのか。
色々なバイトをしたのも、サークルを作ったのも、1ヶ月イギリスに行ったのも
大学生活を充実させて、濃い時間を過ごしたいと思ったからだったはずなのだ。

流されて、なんとなく、食い扶持を維持することが、望みではない。
そう思って、もう一度、オレ自身のやりたいことをじっくり考えてみた。
研究職に進んだ将来像、開発職に進んだ将来像、それ以外についても。

はっきりと明確な答えが出た訳では無いが、やっぱり開発職に進みたい気がする。
新しい何かを作りたい。そんな技術者になりたい。それはやっぱり確かだと思う。

何を作りたい?モノを作りたい。商品を作りたい。「これ、オレが作った」って
言いたい。消費者の立場から考えて、自分自身が使うということを考えて、
こんなものがあったら良いのにっていうモノを自分自身で具現化してみたい。
成果が、達成感・充実感といった「感覚」と「モノ」の2つの形で残って欲しい。

結論を急ぐ訳では無いが、ぼんやりそんなことを思った。ちょっとワクワクした。
posted by まさ at 16:37| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 就活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

よくあるタイプの結婚式よ

再三書いたが、大阪での従兄弟の結婚式に出席してきた。

結婚式に出席するのは去年末の友達の結婚式以来2度目だが、
その時は、日記にも書いたがクラブパーティ形式の結婚式で
短時間に色々あったので、よく分からないうちに終わってしまった。

今回の従兄弟の結婚式は、教会で30分ほどの挙式、
その後3時間にわたるホテルでの披露宴という王道の結婚式で、
映画やTVで見る、イメージしていた通りの結婚式だった。

オレの母は1人っ子で(厳密には兄がいたのだが母が生まれる前に他界)
父には1人兄がいる。その兄の子が2人、つまりオレの従兄弟は2人。
オレより2歳上の弟、5歳上の姉。このたび目出度く結婚したのは姉。

兄弟内ではオレは一番上なので、兄、姉が欲しかったオレにとって、
従兄弟はまさしくお兄ちゃんとお姉ちゃん。それこそ生まれた時から
可愛がられてきた。特に姉は歳が5つも離れていたので、
優しくて面倒見もよくて、理想の姉を絵に描いた様な人だった。

続きを読む
posted by まさ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

シャラポワvsヒンギス

従兄弟の結婚式に出席すべく来た大阪での空き時間、何気無くTVをつけると、
全世界注目の試合、シャラポワとヒンギスの対決が始まるところだった。
せっかくなので少し見てみようかなぁと軽い気持ちで見始めたのだが、
いつのまにやら、手に汗握って固唾を飲んで試合を見守る状況になっていた。

今をときめく現役女王シャラポワに対して、長いブランクのあるヒンギス、
ヒンギスの圧倒的不利は明白だと思っていたのだが、実際に試合を見ると
とんでもない間違いだった。ヒンギス巧い!プレーに思わずみとれるほど。

シャラポワだって決してパワーだけの選手ではない、それくらいは分かる。
だが、後半は何をやってもヒンギスの技が上回り、あれよあれよと崩れて
気付けば大差がついていた。精神的にも完全にヒンギスが勝っていた様に見える。
今をときめく一流のスター選手が、完全に相手の流れに飲み込まれていく様は
見ていて小気味良いものがあった。老會が才能に勝る瞬間を見た気がした。

…ヒンギスを誉めてるつもりだが、どう見ても失礼な文章になっているので
ヒンギスの方が好みですというフォローを付け足して今日の日記の締めとする。
posted by まさ at 01:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

第39回ランキング

生きてるってなんだろ 生きてるってなあに(9位)

1 メランコリニスタ / YUKI(メランコリニスタ)
2 衝動 / B'z(衝動)
3 粉雪 / レミオロメン(粉雪)
4 My Way / Def Tech(Def Tech)
5 Grateful Days / Dragon Ash feat. ACO,ZEBBRA(Viva La Revolution)
6 Attention / Dragon Ash(Viva La Revolution)
7 勝手にしやがれ / Tak Matsumoto feat.稲葉浩志(The Hit Parade)
8 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ / Tak Matsumoto(The Hit Parade)
9 SPINNING TOE-HOLD / Tak Matsumoto(The Hit Parade)
10 Love Song 探して / 牧野アンナ(Dragon Quest II)

10位はおまけというか、遊び心というか。まぁ話題に取り上げたので。
松本さんのThe Hit ParadeとDragon Ashの名盤を再燃させつつも
上位陣は殆ど変化無し。そしてトップに飛び込んだのはYUKIちゃんの新曲。

このメランコリニスタ、PV必見(音が出ます)。YUKIちゃんがマジで可愛い。
あれ、YUKIちゃんってこんなに可愛かったっけ!?って思うくらい可愛い。

以前、YUKIちゃんのソロには惹かれないって書いたことがあるけど、撤回。
聞きたい。全部聞きたい。ってゆーかファンになりそう。むしろなった。
10歳上とは思えない可愛さ。年々可愛くなってる気がするなぁ。

このプロモ、可愛いだけじゃなくてYUKIちゃん特有のエロ可愛い感じで◎。
個人的には、最初のサビでスプーンとか腕を舐め回した後に、ペロッと
舌なめずりする横顔に一番クラッときてしまうのだが、マニアックかなぁ。
posted by まさ at 01:02| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

知らなかった!

"Love Song 探して"ってボーカル入りのCDが出てたんだ!!
いや、確かに良い曲だけれども!名曲だけれども・・・!
なんか違うと思うのはオレだけではないはず。なんか違うよ。

"Love Song 探して" (曲が全部聴けます)
"Love Song 探して" (歌詞が全部載ってます)


(用語解説)Love Song 探して
Dragon Quest II の復活呪文を入れるときの曲。
ゲーム中で一番長い時間聞いている曲の可能性も。

(用語解説)復活の呪文
今はRPGプレイ時にセーブなんて簡単にできるが
昔はセーブの度にパスワードが発行されて、
それを1字も間違えること無く入力することで
続きがプレイできるという仕組みになっていた。
ドラクエ2のパスワードに当たる復活の呪文は
52字という殺人的な長さだったのでメモるだけで一苦労。
さらにその頑張ってメモった復活の呪文が間違っていて、
せっかくのデータがパーになるなんてこともザラだった。
そのせいでよく泣いたなぁ。今では考えられないよなぁ。


**後日追記**
なんと、この歌を歌っている牧野アンナさん、
ゲーム中に歌姫として登場するらしいのです。
覚えてないけどオレも知らずに話しかけてたんだろうなぁ。

こちらのHPではファミコン版のmidiが聞けるので
聞き比べてみるのも面白いかも。(注意:すぐ音が出ます)
posted by まさ at 01:39| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。