2005年02月28日

人事尽くさず天命を待ってみる

もう、なるようになるさ。無駄にパワーポイント凝ってやる。

卒論発表会にはスーツが必要なことをすっかり忘れてた。
実家までとりに帰るの面倒だからmazdaに借りることにした。
彼はオレがスーツ借りてる間オレの私服を着るのを嫌がったが
別に服を交換する必要は無いと思った。自分の私服を着なよ。
posted by まさ at 02:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

阿鼻叫喚

「そ、そんなオチなのかぁあああああ!」

1年間、いや、基礎勉強期間を除けば
実質は数ヶ月間に過ぎないのだが、
その間ずっと続けてきたオレの研究は、
思わぬオチをもってその限界を示した。

どうすればいい?どう誤摩化せばいい?
何をするにも残り2日。気づくのが遅すぎた。
posted by まさ at 12:27| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

グッバイティーバッグ

電情棟には数多の水道があるが、蛇口の天辺が青ならば飲める水、
そうでなければ、鉱物などが除去されていない飲めない水らしい。
研究室によっては、青くない蛇口に「絶対に飲むな」という
注意書きがされていると言う。それほどまでに危険なのか。

オレは昔から勉強中の紅茶を非常に好み、研究室でもよく飲む。
うちの研究室の紅茶を消費しているのは8割方オレだと思う。
その紅茶は、ティーバッグにポットのお湯を注いで作る。
そのお湯は、研究室の水道の水をポットで沸かしているものだ。
その研究室の水道には、青い印がばっちりついていなかった。
すなわち、飲めない、飲むと体に好ましくないということだ。

オレは今の研究室に居るのは9月からの半年ほどだが、
1日で1リットルくらい消費する事も珍しくない生活を
続けてきたので、飲んだ紅茶の量はかなりのものだと思う。
体に良くない物質をコツコツコツコツ溜め続けているわけだ。

でも今も飲んでいる。好きなものは好きなのだから仕方ない。
あるのかも分からない(あるんだろうけど)人体への影響を
懸念して好きなものを我慢する方が体に悪いに決まってる。
こうしてまたひとつ、早死にする要因が増えてしまったわけで。
posted by まさ at 02:55| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

雪やこんこ

前期入学試験のために21:30までに大学を
出なければならなかったらしいのだが、
発表練習を終えて食事をとったら体力の限界が来て
研究室で体を横たえ、ふと気付くと0:00近かった。
同じように寝ていたhiroshiと一緒に大学を出ると
まさかの雪!しかも大粒で、既に積もり始めていた。

「こりゃあ明日はツルッツルに滑るね、可哀想に」
と言ってはみたものの、自分がもっと可哀想な
状況になる可能性を考えると笑えなかった。

そして、チャリを飛ばして家に帰ってきたわけだが、
雪が凶器だと感じたのは白馬以来、今年二度目のことだ。
時速20kmも出てれば顔に大粒の雪がぶち当たる痛さは相当で、
目に入ろうものなら砂塵が目に入るよりも全然痛い。
発表練習明けの体力も精神力も使い果たした状態でなければ
「擬似スノボ体験!オレは風になるひゃっほい!」と
テンションが上がるところだが、流石にそんな元気も無い。

明朝に見る光景が大学に行く気を削ぐに充分な白さかも
しれないことを考えると寝る前から憂鬱になってくる。
posted by まさ at 00:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

窮鼠猫を噛めるか

いよいよ自分をこれ以上ない窮地に追い込んでしまった。
参加してしまった事実はもう取り消す事はできない。
その結果、丸一日研究と離れたことも取り返しつかない。
さんざん迷ったが自分で選んだ答えだ、後悔はしない。
あとは只ひたすらに、卒業研究だけを見据えるのみ。


そんなわけで...
バイト先のスノボツアーに参加して軽井沢へ行ってきた。
空は快晴、雪はガチガチ、どこを滑ってもアイスバーン。
こけると死ぬほど痛かったが、それすらも許容できる程に
楽しかった。スノボを超える娯楽は存在しないとすら思う。

一緒に行ったバイト先の女の子の一人がけがをした。
詳しくは知らないが腕を吊っていたので骨折レベルか。
そういえば、そういうリスクを考えてはいなかった。
プログラミング主体という研究の性質上、腕は研究の生命線。
このタイミングで腕を折ったりしたら人生も折れるところだ。
posted by まさ at 12:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

恐怖のエンゲル係数

学食での昼食にまさかの700円。凄い贅沢。
やっぱりシェルシュでがっつり食べると高い。
1食のランチと量は大して変わらないのに値段は倍。
春休みに入ってシェルシュしか利用できなくなった
この状況は結構財布に痛いかもしれない。

昨日は日曜で学食が開いておらず、ガストへ。
ガストも日曜はランチが無いので結構高くなる。
なんだかんだで800円くらい使ってしまった。

いつぞやもらったドリンクバー半額券を持っていたので
大して飲みもしないドリンクバーを珍しく頼んだのだが、
精算時に券を出すと、注文時に出さないとダメだと言われ
割り引いてもらえなかった。相変わらずサービス悪いな。
割引金額がそれ相応なら文句を言って割り引かせるのだが
63円の為にぐだぐだ言うのも面倒なのであきらめた。

最近はバイトにも行っていないから賄いで昼食と夕食を
済ませる事もできないし、そもそも働かねば金も入らない。
流石に最近は家にそれほど居ないので自炊もしない。
学食は、高い店だけが昼だけの短縮営業になってしまったし、
いよいよ食費のかさばり方が半端じゃなくなってきた。
3月に向けて金を貯めておきたいのに、引き出す一方だ。
いざ卒業研究が終わって、いよいよ遊ぶぞーという時に、
金が無くなっていて何もできないという状況は勘弁願いたい。
posted by まさ at 19:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

娯楽研究一体型環境

丸一日研究と睡眠とネットのみで終わった。
一見卒業研究に没頭できたかのようにも見えるが、

睡眠時間>ネット時間(休憩時間)>>研究時間

という時間配分だったような気がしてならない。
何故なら、卒業研究は進展を見せていないからだ。

研究環境のすべてがパソコンに依存する場合、
研究環境はブラウザ1つ立ち上げるだけで
一瞬にして娯楽・休憩環境に早変わりしてしまう。
意志の弱いオレは相当これに足を引っ張られている。

ちなみに今さっき研究室に来て、早速この日記を書いている。
夕方に帰って夜中起きた。朝型への生活改善は諦めた。
このまま卒業も諦めたなんて事にならなければ良いのだが。
posted by まさ at 02:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

OH! NO!

こんな記事を見つけた。
エエッ!パソコンのブラインドタッチは脳に良くない

ブラインドタッチができる人は小脳だけで条件反射的に無意識で打つ。そうなると、指先を動かす脳の部位の隣にある大脳のブローカ野(言語中枢)への血流が悪くなってしまうんです。


そんなこと言われても、今更ブラインドタッチできない状態には戻せない。
こうして日記を書いていることも最早、脳に良く無い行為であるというのか。

さらに記事にはこんなことも書いてあった。

家に帰ったら、まずテレビをつけるもダメ

ぅゎぁぁぁぁぁぁぁぁ

電車の中でしょっちゅう携帯電話を見ている人も要注意

うわああああああああああああああああ

脳にいい睡眠時間は6時間。8時間は寝すぎです

うわああああああああああああああああああああああああ
posted by まさ at 00:07| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

裁断の時迫る

河野研の修論発表会に参加した。
とは言ってもずっと座っていただけだが。
内容は殆ど理解するに至らなかったので
正直、見ているだけでただただ疲れた。

それにしても、相変わらずあいつの
肝の据わりっぷりには恐れ入る。
まぁ、午前いなかったのは博論のオレも
同じ過ちを犯しているのでともかく(ぇ)
そう、mazdaの言葉を借りて言えば
「隠れて寝ようとしないのがすごい。」

これで博論、修論が終わったので、
残すは我々学部4年生の卒論だ。
ついに残すところ2週間を切ったのに
この進んで無さは流石に危険だ。


M2の皆さんおつかれさまでした。
posted by まさ at 00:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

オレは睡民

昨夜はただでさえ輪講明けで寝不足だったにも関わらず
なんだかんだで結構遅くまで飲んでしまったので、
それはもう我が家の愛猫達もびっくりの16時間睡眠。
過剰睡眠もここまで出来れば才能ではないかとすら思う。

今までも輪講後はびっくりするほどの長時間睡眠だったが、
それは30時間くらい起き続けた反動であった。
だが、今回は研究室で途切れ途切れに睡眠を取ったので、
実質「起き続けた」のはせいぜい10時間くらいであり、
反動は無いと思っていたが、それは大きな誤りだった。
結局それほどまでに研究室での睡眠は睡眠としての意味を
なさないということだ。一時的に脳が冴えはするが、
体力は回復しない。見せかけの休息。言うなればこれは
ファミコンのドラえもんの海底面の拷問部屋のどらやきの
ようなものだ。絶対誰も分かってくれないネタを出してみた。


ー日記の途中ですが記事を差し替えますー

いま、すんごい揺れた。びっくりしたー!こえー!
ついに震度5レベルの地震が茨城県まで来てしまった。
東海大地震による首都圏崩壊も近いのかもしれない。
posted by まさ at 04:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

バレンタイン

さて、世間はいわゆるバレンタインデー。
だからって無理に話題にしなくても良いのにmazdaが
やたらと話題にしたがった。どうしてしまったんだ。
去年は自分たちの世界にオレらが踏み込んでいって
何をもらったのだの聞かれるのを嫌がっていたくせに。

学食へ行くと学食のおばちゃんがチョコをくれた。
ホイットニー(この呼び名久々だw)だけもらえなかったら
面白いネタになるんだけどなーと勝手に盛り上がった。
しかしそんな彼のネタっぷりは我々の想像を遥かに越えていた。

2月14日のホイットニーの朝食

写真左下に注目。

じ、自分でチョコレートケーキ買ってるー!!
流石だ。オレらを爆笑に導く貴重な存在。その力は未だ衰えず。
何が良いって彼自身は何故笑われているのか分かっていないのが良い。

さて、そんな同期達に目を向けて日記を書いてみたが、オレの方は
なんとか落合先生の素敵なバレンタインプレゼントも乗り越えた。
なお、今回の落合研輪講のキーワードは「心外だなぁ」。ね?(?)
「そういえば今日はバレンタインだけど、皆こんなことしてて大丈夫?」
当日の朝になって聞かれた。この人、絶対確信犯だ!勿論大丈夫ですとも。

研究室同期の子が手作りのお菓子をくれた。美味しかったですありがとー!
手作りのお菓子とかもらうの何年ぶりだろ。ひょっとして高校以来かも。
さらに家に帰ると、カナがわざわざチョコを届けに来てくれたので、
それをつまみにして一緒に飲んだ。カナさん禁酒始めたのいつでしたっけ?
まぁ、おかげでバレンタインとしてなんとなく格好がついたので感謝。
思わぬ形で弱味を握ったので、ぜひ有効利用しようと思う(・∀・)ニヤニヤ
posted by まさ at 19:32| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

王様ベッド

昨日の深夜から研究室にずっといるのだが、
別にずっと卒論を頑張っている訳ではなく
むしろ結構な時間を睡眠に費やしているように思う。
だが、研究室では熟睡できる訳ではなく、
浅い眠りで寝たり起きたりを繰り返すので、
まるで体力の回復を図れない。眠気は無くならない。
むしろ寝ることによって疲れているようにすら思う。

オレはいつも8階の研究室で寝る時は
椅子を2つ使ってその上に横向きに縮こまって寝る。
非常に窮屈なのだが、椅子2つでは足を伸ばせないので
その条件で一番楽だと思う体勢がそれだったからだ。
しかし、その体勢で数時間動かないってことは下手したら
ロングフライト血栓症(エコノミークラス症候群)に
なったりするんじゃなかろうか。今日ふとそう思った。
エコノミークラスで起こるとは限らないということから
ロングフライト血栓症と名を改められたこの症状、
フライトすらしていない地上の1室でなったら恥ずかしすぎる。
やはり51のように寝袋を持参するのが一番良いのだろうか。
それより、いっそ自腹でも研究室用のソファーを1つ
買ってしまおうかという気にすらなる。割り勘なら安くなろう。

しかし、よく考えたらオレはいつも12万円のベッドに
体を横たえて、窮屈だなぁと感じていることになる。
なんとリッチなことか。という発想こそなんと貧困なことか。
posted by まさ at 01:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

早過ぎ起き

結局なまじ頑張って夕方まで研究室でねばってたもんだから、
寝て起きたらこんな時間。こんな時間に起床。もうどう見ても夜型。
午前中ではあれどこの時間の起床を朝型だと言うには余りにも暗い。
お前の朝はどれだけ早いんだという話になる。張り切りすぎだから。
豆腐屋も仕入屋も遠足前の小学生すらもまだ起きないから。

さて、これから研究室へ向かって、次に帰宅するのはおそらく
素敵なバレンタインプレゼントの後になるのだろうけれど、
この時間に活動を開始すると否応なく朝食(にあたる食事)と
昼食(にあたる食事)がコンビニ弁当しかないのでそういう意味でも
いかにこんな生活が健康に良くないものであるのかが垣間見える。
posted by まさ at 01:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

睡眠過剰

折角生活のリズムを強制して朝型(といっても殆ど昼起き)に
修正したのだが、結局昨夜寝るのが遅くなり、
また夕方起床、夕方登校に戻ってしまった。
しかし、いくら寝たのが遅かったとは言え、眠気がなくなるまでに
12時間も寝ているのだ。そして、こういうことはままある。

以前、ここがまだ普通日記でなかったころに、寝ても寝ても眠い、
そういう病気なんではないかと書いたことがあるのだが、
実際、睡眠過剰症候群という病気が存在するらしい。
よく知られている睡眠時無呼吸症候群と併発することが多いという。
長時間の睡眠をとっても、休息になり得てない時間があるため
睡眠時間に見合った体力の回復を得られないということだ。

オレは昔からの鼻炎持ちで、家族が言うにイビキが酷いらしい。
朝起きるとほぼ間違いなく鼻が詰まった状態になっているし、
睡眠時無呼吸症候群を引き起こしている可能性が充分あるという事だ。

今でも睡眠時、オレは酷いイビキをかいて寝ているのだろうか?
一人暮らしとなってはそれを確認できる人間が存在しないのだ。
以前、長期間の治療が必要になるというので面倒で受けなかった
鼻炎治療だが、今後のことを考えると受けた方が良いのだろうか。
惰眠を貪る生活なぞ、いい加減に卒業せねばならないのだ。
posted by まさ at 00:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

ジェネレーションギャップ

バイト先の女の子とアドレス交換して
その延長でメールのやりとりをしていたのだが、
そこでオレはある都市伝説(だと思ってたもの)を
目の当たりにすることになった。
ギャル文字が流行った頃に何かで読んだのだが、
曰く、ギャル文字を使うのは流石にやりすぎでも
若い女の子はメールの文字で小さくできる文字は
小さくするのが基本だと言うものである。

いやいや、そんなのは2chの「ぉぃιぃ」くらいだろ。
オレの知り合い誰もやってないし。どんなルールだよ。
そんな風に思っていたのだが、今日メールしたこの子は
当たり前のように文字が小さくなっている。びっくりだ。
そういえばこの子、弟(3歳下)と同い年なんだよなぁ。
3歳下なんてガキだガキだと弟をバカにしてきたが
それが既に大学生なのだ。さらに衝撃の事実は、
平成生まれが今や高校生なのだ。妹がそうじゃないか!

もはや昭和生まれというだけでおっさんと言われるのは時間の問題。
大人の階段の〜ぼる〜という歌もそろそろ笑えなくなってきた。
(っていうかその歌自体、若い子は知らない可能性だってあるしな)


ちなみに、「オレの知り合い誰もやってない」のは
よく考えれば幸いなことだ。同い年でそれやってたら痛いわ。
posted by まさ at 01:56| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

やってもおた

北朝鮮戦、なまじ劇的な勝ち方をしたせいで
興奮してしまってなかなか寝付けず、
30時間くらい起きてたことが災いして
見事に博論発表会を寝過ごした。
よりにもよって、というかお約束と言うべきか、
目覚まし時計は鳴らなかった。買い換えだな。。

学校に来ると丁度昼休みになってしまったので
研究室に寄るとばったり先生と出くわした。
「博論発表、午前寝過ごしました」と言うと
「まぁ別に良いよ。それより…」
いや、良かぁないだろ!
寝過ごしたオレが言うのもなんだが、
心の中で一応つっこんでおいた。

そして、「それより」の続きは
今月の14日に卒論中間報告発表会をするから
それまでにある程度の成果を出して、
資料とパワポ作っておいてねという話だった。
なんて素敵なバレンタインプレゼント。


あと、フォローとして「午後はちゃんと顔出してね」と
きっちり言われたことを付記しておく。
posted by まさ at 12:21| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

陽光を浴びたい

ここ数日、夜型の生活に逆戻りしてしまっている。
それでも一応、夜を徹して研究室にいたりするので
実質研究には何ら支障がないようにも見えるのだが、
夜型の時は朝型の時に比べ、遥かに進まないのが事実だ。

朝10時に研究室に来て夜6時に帰るのと
夜10時に研究室に来て朝6時に帰るのは
一見して何の違いも無いように思えるが、
やはり頭の冴え方やバイオリズム的に
前者の方が断然効率が良いように思う。
特にオレの場合はバイオリズムがかなり重要なので
要するに気分的な問題、気の持ちようなのだが
その気分に研究成果が大きく左右される点で、
朝型に戻しておくのは非常に重要だと感じた。

昨日も朝家に帰って寝て、夜に研究室に来てしまったわけだが、
これから次の夜までは寝ないこととする。強制的に朝型に戻す。
輪講前後では図らずもこういう状況がいくらでもあったが、
バイトも予定も何も無い状況では、意外ときついかもしれない。

いつも思うのだが、こんなことを幾度も繰り返している
今の研究室生活では、長生きできないんだろうなぁ。

もっとも、寿命を縮める要因なんて、生活リズムの他に
もっともっと重要なものがいくらでもあるようには思う。
posted by まさ at 00:35| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

無気力世代

久々に研究室から日記を書く。

午後から来たとは言え時刻は早くも深夜、
相当な時間研究室に座り込んでいることになる。
だが、それでどれだけ研究が進んだのかと言うと
驚くほどに進んでいないのだ。何もしていない。
研究室に来ても何もしていない。気持ちばかり焦る。
こんな状態がヤバいというのは重々承知だが、
そんなことよりも、これが基本スペックのオレが
こういう研究という道に進んだことの方が
よっぽどヤバいことなんじゃないかと思えて来る。

今日学食で食事をしていたとき、ふと、
最後に自炊したのはいつだろうと思った。
もしかしたら4年生になってから
1度もしていないかもしれない。
理由は、忙しいから自炊する時間が惜しいとか
そんな感じでいつも頭に浮かべているはず。
これほど何もしていない時間があるのに
自炊をする暇は無いというのか。
今日ぼーっとしてた時間のほんの1時間だけ
料理することに回せば良いだけの話なのに。
結局、料理をする気力も無いだけなのだろう。

何かに誘われる。忙しいからと断る。何が忙しいものか。
忙しいふりをして時を貪っているだけのくせに。
無気力世代とはよく言ったものだと思う。
posted by まさ at 02:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

無気力感情論

卒研に追い詰められた中でうっかりやってしまった
バイト3連荘シフトも終え、流石に疲れ果てた。

今日は何をやってもダメな無気力の極みのような日で
バイト先でも元気が無いと心配されたりもしたが
たまに陥る症状なので、オレには別に珍しくも無い。
けどまぁバイトを早上がりできたのは幸運だったかも。
暇だったとは言えあまりにも時間が経つのが遅すぎた。

ひぐらし、綿流し編を1日で読み終えてしまった日以来、
地味に進めてきた祟殺し編もようやく終えるにいたり、
ついでに暇つぶし編もやってしまおうと思ったわけだが
気がつけばこんな時間。こんなに時間がかかるとは。

感情的で単純にできてる分、物語に感情移入しやすいので、
ちょっとしたお涙頂戴の茶番劇にもオレはすぐ涙目になるが
この祟殺し編と暇潰し編でも結局ボロボロ泣いてしまった。

虚構の1つ1つにいちいち怖がったり感動したり
悲しくなったりなるほどと唸ったり驚いたりする。
シナリオライターにとってオレみたいなのが
理想的な読者なんだろうなぁとつくづく思う。
posted by まさ at 04:17| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

日々是無機質

卒業研究にイライラしながら時が過ぎる。
進まない。結果が出ない。わからない。
焦りと不安でいっぱいになる。
自分が自分じゃなくなる気がする。
特にバイトの日は時間制限をかけられている感じで
焦りと不安がより大きくなっていく。

でも、その一方で、
大声で笑ったり楽しくおしゃべりをしたりして
自分らしくいられる空間もまた
今のオレにはバイト先にしかないのは
実に皮肉な話だと思う。

友達と飲み会ができればいいのに。
トリムに参加できればいいのに。
麻雀に参加できればいいのに。

ここに来て一番の本音は麻雀の可能性であることが
否めないのが、オレのダメ人間たる所以なのだろう。
posted by まさ at 00:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。